我が国は世界的に見ても40代で不妊治療を実施している女性が多い国です。
それなのに女性の年齢が43歳以上の場合には助成金の対象とならないのは何故なの
でしょう。
これは年齢の上昇と共に、卵子の数が減少すること、染色体異常を持った卵子の数が上昇すること、そして卵子の質の低下が起りやすくなり、どうしても年齢が上がるにつれて妊娠率が低下してしまいます。そしてこれは不妊治療を行っても劇的に改善されるというわけではありません。従って、体外受精を行なっても40代では妊娠率は低下します。また年齢が上がると流産率や合併症も増加してしまいます。

少し厳しい方になりますが、医療も進歩し、様々なことが進化しているのですが、年齢との戦いにはどうしても対策がありません。
また流産や妊娠中のトラブルも非常に多く、そのような苦しくて、辛い思いをなるべく避け、早めに妊活に取り組むことを目的として、42歳までという年齢制限が設けられました。

しかし、このような現状を知らない女性もまだまだ珍しくはありませんし、また仕事など自身の都合でないことが理由で妊活が後回しになってしまう女性が多いのも事実です。妊娠を希望した時、改めて突きつけられる事実に、多くの女性が苦しみ悲しまれています。
そして、この事実を受け入れた上で、「出来る事を、後悔の無いように」と一生懸命に頑張られています。

そこで、40代で妊活を始める前にこころがけてもらいことをまとめました。

40代の妊活に向けての準備

早めの病院受診

まずはパートナーとお2人で妊娠について話をすることが大前提です。
その時、治療の知識や見通しなどを二人で共有できるといいですね。その上で最終的には病院に受診する事が選択肢として考えられる様でしたら、早めに受診をしましょう。

病院も婦人科ではなく、不妊治療専門病院へ相談される事をお勧めします。
40代での妊活はどうしても時間が大切になります。そのため適切に検査と治療を行うことができる専門病院が理想的です。

同じ40代でも、いつからどの様な病院で治療をスタートしたかで妊娠率が変わってきます。それくらい40代での不妊治療は時間と場所選びが重要だということです。

葉酸を摂取する

妊娠前から葉酸を摂取しておくことで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクや知的なリスクが減らせる可能性があることがわかってきたと厚生労働省から報告されています。そのため、妊活中から葉酸の摂取をお勧めします。
食事からだけでは不足であることが多いため、また、食事ではキャベツ半分ほどを食べないと接種できないため、毎日のことを考えると、サプリメントの摂取も良いと思います。

 

適性体重を維持する

妊娠するためにも、そして妊娠した時のためにも適性体重を維持しておくことは重要です。体重に関しては、BMI(体格指数。BMI=体重kg÷身長m÷身長m)が高くても低くても不妊や妊娠合併症のリスクと関連しているため、正常範囲にすることが勧められています。

軽い運動を習慣に

妊活中に運動をするメリットは、まずは血流の改善です。運動して筋肉量がアップするとそれに比例して基礎代謝も増加します。

女性は40代になると基礎代謝が急激に低下します。「最近そんなに食べてないのに体重が増える」という経験はありませんか。これは基礎代謝が低下しているからです。

つまり運動をすることで、血流が改善し、基礎代謝が上がることで体重の増加予防にもつながります。

また卵子が育つ卵巣や妊娠する場所の子宮は、血流が豊富な場所です。血流が良くなることで卵巣や子宮の血流改善にも繋がります。

ストレスを溜めない

これがもしかしたら一番難しいかもしれませんが、ストレスは妊活へは大きなデメリットです。そのためストレスの発散をこまめに行うことが望ましいですね。

妊活中や不妊治療中にはご自身のことを犠牲にして望まれている女性も多いのですが、自分が楽しめることや気分転換になることを取り入れながら妊活を行うことが実はプラスになります。

ストレスは卵子の質にも影響を与えてしまうものです。溜め込むことなく、少しずつ発散してください。

サポーターを見つける

そして誰かを頼る事も必要な事です。40代の方は特に大人として気持ちを抑えがちだと思います。

パートナーに話し、それで気持ちが晴れればいいのですが、治療が進むにつれて、
それが難しくなることも度々あるでしょう。
そんな時は、専門家に話を聴いてもらうことで、ストレスが確実に減ります。
始めは敷居が高いかもしれませんが、ぜひ良きサポーターを見つけてください。

同じ様に妊活仲間でも良いかもしれませんが、治療中の方は病院に在籍している看護師やカウンセラーなどを頼るのも一つの方法です。特に不妊治療専門病院の看護師やカウンセラーは治療のことだけでなく、みなさんの不安を聞き、一緒に悩み・考えてくれます。

もちろん、リトアスでも、先の見えなさの不安や苦しみ、治療方針、夫婦の関係など
の問題に対して、幅広く寄り添いながらカウンセリングをすすめます。
ひとりで考えているよりも解決が速くなった、とおっしゃってくださる方が多いです。
ぜひ、ご利用くださいね。