妊活EDとは、排卵日のセックスで男性側がたたない、つまり、勃起不全が起きてしまう事です。これが身体的な要素ではなく、心理的要素で起こってしまう事です。そろそろ子供が欲しいと思い「妊活を始めたい」「排卵日に合わせて夫婦生活を持ちたい」と女性にとっては深刻な問題となりますよね。そこで、妊活EDの解決方法を3つ上げていきたいと思います。

妊活中の夫の妊活EDの解決方法

 

義務感とプレッシャーを与えない。

  リラックスした副交感神経が優位にると勃起がうまくいくと言われています。
  また、たたない、ということで男性の約8割が深刻なストレスを抱えているという
  報告もあり、女性が思っている以上に深刻な問題です。
 

排卵日以外でもセックスしよう

  排卵日のみにセックスをすることは男性にとっては愛情よりも義務感を
  感じさせてしまいます。排卵日のことは一旦忘れて、まずはスキンシップを。
  一緒にゲームをしたり楽しいことをして、仲良くする雰囲気づくりを
  大切にしましょう。
 

EDの治療薬を利用する

  薬、というと、副作用などが心配になてしまいますが、ED治療薬は、なんと、
  動脈硬化の予防にも効果があり、ED治療薬自体が、身体に負担を欠けるもので
  はないとのこと。躊躇せずに気軽に医師に処方を相談してみるのも良いかも
  しれません。

まとめ

  男性は思っている以上に傷つきやすく、義務感とプレッシャーに弱いです。
  義務感やプレッシャーを与えないために、排卵日以外もセックスをし、
  愛情を伝えましょう。リラックスした副交感神経が優位になった状態は、
  勃起しやすいと言われています。それでも上手くいかない場合は、
  ご夫婦でよく相談の上、ED治療薬の処方をしてもらうことも
  視野に入れると良いようです。
  まずは、ゆったりとした気分でタイミングをとることを心掛けたいですね。